人気ブログランキング |

タグ:花 ( 62 ) タグの人気記事

アジサイが見ごろです

f0162955_18454633.jpg

 「水彩7」で描いてみました。

 
f0162955_184702.jpg

 植木鉢で育てているガクアジサイですが、見頃はもう少し後です。

PCTOOLデジカメツアー・ひるがの高原牧歌の里編

 高山市内散策に続き、午後は標高900mのひるがの高原・牧歌の里へ行きました。
 色とりどりのチューリップや芝桜が満開でした。
 参加者の笑顔も満開でした。

 

岸渡川の桜

 21日(土)、小矢部市でのウオーキングの帰り、福岡町の岸渡川の桜を見て帰りました。
 ここも、岸渡川沿いの桜並木も満開状態で、ところどころでブルーシートを敷き車座になってるグループもありました。

   石動駅前~城山公園~宮島峡ウオーキングの詳細は クリのウオーキング日記 で見てください。
 
 「カメラ館」周辺の桜並木
  

f0162955_13361615.jpg

  
f0162955_13363192.jpg


 

我が家にも春が

 植木鉢の紅梅が咲き始めました。
 今年は白梅より紅梅の花つきがいいようです。
 

f0162955_18545960.jpg

夢の平・コスモスウオッチング Ⅱ(動画編)

 砺波市の夢の平のコスモスウオッチングです。
 動画にしてみました。

 

 
 

夢の平・コスモスウオッチング

 今日(12日)、PCTOOLの黒河初心者教室と南郷教室のデジカメ合同撮影会がありました。
 夢の平コスモス祭りの会場は、秋晴れで平日だと言うのに駐車場も満車でコスモスも満開。
 時折、吹く風は色鮮やかに咲くコスモスを揺らし、秋を思い切り感じることができました。

 能登先生から、撮影のテクニックを教わった後、生徒さんとスタッフ、合わせて30名が思い思いにコスモスウオッチングをしました。
 
 自分は1時間半の間に「数、打ちゃ当たる鉄砲」で、何時の間にやら85枚も撮っていました。

 先ずは正面から
 

f0162955_2103622.jpg

 
f0162955_2105813.jpg

逆光で
 
f0162955_21501557.jpg

 桜並木から
 
f0162955_2112510.jpg

 頂上から
 
f0162955_2122755.jpg

 いい感じ
 
f0162955_213344.jpg

 にらめっこ
 
f0162955_2134518.jpg

 いろいろなコスモス(マクロで)
 
f0162955_2143029.jpg

 
f0162955_2144569.jpg

 
f0162955_2145833.jpg

 
f0162955_2151436.jpg

 いずれこんな形に
 
f0162955_2154162.jpg


 皆さんお疲れさまでした。

 

彼岸の入り

 今日は彼岸の入り。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、昨日から一気に涼しくなり半袖シャツでは寒いくらいです。
 これまで続いていたあの暑さは何だったんだろうと思うとともに、その暑さが懐かしいくらいです。
 もう暫くすると寒い寒いと言うのでしょうね。 人間って横着なもんです。

 f0162955_19522163.jpg先日、友達を訪ねたとき、宗教新聞に「お彼岸」についての記載があり、読んでみるよう進められた。
 「彼岸」については、なんとなく知っているつもりでしたが改めて「そうなんだ」と納得した次第です。

 



 要約すると、以下のようです。
 春分の日と秋分の日を中日〔ちゅうにち〕として前後3日間の7日間のことを「彼岸」といい、初日を「彼岸の入り」といい、最終日を「彼岸の明け」と呼びます。
地方によって若干の違いはありますが、おはぎやお団子などを仏壇に供え、先祖を供養します。

 続いて
 「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たもので、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することができるという意味です。
 浄土思想で信じられている極楽浄土は西方の遙か彼方にあると考えられており、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせ仏様の供養をしたのが彼岸の始まりでそうです。

 西の空を真っ赤に染めて沈む太陽を拝みたくなる気持ちが分かりますが、我々凡人にはとても彼岸の境地に達することはないでしょうね。

ハギが咲いていました

 今日、帰宅途中の河川敷にハギが咲いていました。
 暑かった夏も終り、朝夕はめっきり涼しく、夜はどこからともなく虫の鳴き声が聞こえてきます。
 秋はすぐ傍まで来ています。
 

f0162955_19561369.jpg

 ハギは「秋の七草」の一つ。
 花言葉は「思案」、「想い」だそうで、日本の秋の野山を代表する植物として、古くより親しまれています。
 細い茎に赤い小さな花をたくさんつける姿は、控えめながら逞しさも持ち合わせており、長い間、日本人の心を捉えてきたようです。

 万葉集には非常に多く詠まれており、秋の七草の中でも最も多く、142首に登場するそうです。
 
 大伴家持も次のように詠っています。
         我が宿の萩咲きにけり秋風の 吹かむを待たばいと遠みかも
 
 庭に咲いた萩の花を見ながら家持は、どんな思索にふけり、人を想い、秋のひとときを過ごしたのでしょうか。

立山に秋の気配が

 8月も残すところ2日となり、まだ残暑も厳しく日中は暑い日が続いていますが、立山には少しづつ秋の気配が漂っていました。
 室堂平では日中の気温が15度ぐらいでガスがかかると長袖でを着ていても寒いくらいになります。
 チングルマは綿帽子が風にそよぎ、ナナカマドは所々が赤く染まり草紅葉も黄色に色づき始めました。
 今年の立山の紅葉は早く訪れるのでしょうか?
 

f0162955_18465723.jpg

 
f0162955_18471735.jpg

 
f0162955_18473517.jpg

 
f0162955_184867.jpg

 

黄色の睡蓮が見ごろです

 安田城跡では黄色スイレンが見ごろです。
 先月、探さなければ見れなかった黄色のスイレンですが、今日、訪れたところ管理棟の前の池は黄色一色でした。
 赤やピンクのスイレンは咲き終わり白色のスイレンが一部残っているなかに、黄色が目立つように咲いていました。
 どうやら、黄色のスイレンは遅咲きのようです。
 

f0162955_1957153.jpg

,