人気ブログランキング |

タグ:四季 ( 53 ) タグの人気記事

岸渡川の桜

 21日(土)、小矢部市でのウオーキングの帰り、福岡町の岸渡川の桜を見て帰りました。
 ここも、岸渡川沿いの桜並木も満開状態で、ところどころでブルーシートを敷き車座になってるグループもありました。

   石動駅前~城山公園~宮島峡ウオーキングの詳細は クリのウオーキング日記 で見てください。
 
 「カメラ館」周辺の桜並木
  

f0162955_13361615.jpg

  
f0162955_13363192.jpg


 

我が家にも春が

 植木鉢の紅梅が咲き始めました。
 今年は白梅より紅梅の花つきがいいようです。
 

f0162955_18545960.jpg

田尻池では

 午前中、明日のウオーキングの下見を兼ねて田尻池周辺へ出かけました。
 田尻池では現在、30羽ぐらいの白鳥が北帰行の練習中でした。
 お世話をしているおじさんの話では、もう半数近くの白鳥は北へ飛び立ったようです。
 

f0162955_17493687.jpg


 明日は雨模様の天気ですが、ウオーキング仲間も見ることができそうです。・・・・よかった。
 なお、明日のコースは、JR鵜坂駅~白鳥城址~医薬大~田尻池~呉羽PA~太閤山ランド~太閤の湯です。
 大降りしなければいいのですが。

雪つり外し

 f0162955_183172.jpg
 今日は日中、天気も良く暖かかったので庭木の雪つりや冬囲いを外しました。
 昨年より一週間程度、遅い作業になりました。

 今年は雪が長い間降って積雪もあったせいで、結構、枝が折れたり裂けている木がありました。

 一方、ヤマボウシやカエデなどは、芽吹いてはいませんがしっかりと春の準備をしているようです。

 このまま暖かくなればいいけど・・・・・。


 

涅槃団子

 2月15日はお釈迦様が入滅された涅槃の日ですが、今日、友達が昨日作ったと、涅槃団子を持ってきてくれました。
 

f0162955_2024572.jpg

 
 涅槃団子はお釈迦様の御舎利(お骨)を現したもので、食べると一年無病息災、お守りにすると災難除けにと、大変ご利益のあると言われています。
 団子の色は、本当は、五大(地・水・火・風・空)を表す、赤・白・黄・青・黒の5色なんだそうですが、さすがに黒は作らないとか。
 いい色しています。早速、仏壇に供えました。
 これで今年も無病息災間違いなし!

つかの間の日差し

 午前中の富山市内の雪景色です。
 

f0162955_1651495.jpg

 ここから撮りました。
 
f0162955_16515559.jpg

 今週いっぱい冬型の気圧配置が強まり、寒気が居座るようです。
 毎日、スノーダンプと悪戦苦闘です。
 お陰で、腰が悲鳴を上げています。

岩瀬浜駅前~富山新港ウオーキング

 ウオーキング冒険塾の富山湾編は今日が第5回目で、ライトレール岩瀬浜駅から富山新港口までの15kmを歩いてきました。
 雪が降りしきるなか、集合場所の「カナル会館」前には43名が集まった。
 「こんな寒いがにコタツに入っておりゃいいものを」と、お互い声をかけあったいましたが、どうも皆さん、土曜日になるとリュックサックを担ぎたくなるようです。
 防寒着で完全武装し、午前8時10分にスタート。
 神通川に架かる萩浦橋を渡り、八重津浜~四方漁港~足洗海岸~海竜マリンパークを経て、新湊大橋が見える富山新港東口に、11時15分にゴールしました。
 足洗潟公園に着く頃には雪も止み、時々日も差す天気に回復し、自然に足の運びも軽くなったようです。
 新港東口でし、フェリーで高岡方面へ行く人、バスで富山に帰る人と解散しました。
 富山湾編の第6回は、2月に越しの潟からJR氷見駅までの予定です。

 

f0162955_15591844.jpg

 海は静かで、テトラポットや突堤に白く積もった雪模様はきれいでした。
 
f0162955_1633686.jpg

 シーンと静まりかえった足洗潟公園、物思いに耽りたくなりそう・・・
 
f0162955_1674725.jpg


 ウオーキングの詳細なルート、行程は クリのウオーキング日記 クリックしてご覧ください。

氷見の「経魚」

 f0162955_10511963.jpg今朝のK新聞に、今冬の氷見の寒ぶりが豊漁で昨季までの過去5年で最多だった2006年の2万6962本を超え、7年ぶりに3万本達成が見えてきた。と報じていた。
 年明けもこの調子が続いてほしいものですね。

 ところで、先日ウオーキングの仲間(魚津の人)から県東部で獲れたぶりも氷見漁港へ水揚げしている と聞きました。
 新湊で獲れたぶりを氷見漁港へ持っていくという話は聞いたことがありましたが、そこまでとは知りませんでした。 以前、偽りの氷見ブランド問題がありましたがどうなんでしょうか。

 同じ富山湾内で獲れたぶりなので、氷見漁港に水揚げされればやっぱり「氷見の寒ブリ」なんでしょうね。
 氷見はぶり、新湊は白エビとカニ、滑川・魚津はホタルイカと、それぞれ特色を売りにした方が、全国的のもブランド力があっていいのかも。

 なお、魚津のSさんからぶりの語源についての薀蓄も聞きました。
 ぶりは「鰤」と書きますが、これは師走に獲れる魚だから と言うのは知ってたし、出世魚で、「ツバイソ」→「コズクラ」→「フクラギ」→「ブリ」 と言うのも誰でも知っていることですが、語源は初めて知りました。
 曰く、ぶりは中国では「老魚」と書くのだそうで、出世魚の最後の年老いた魚だからとか。
 同じ意味で「フリウオ(経魚)」と呼ばれ、フリが濁音化してブリになった。「フリ(経)」は、年を経たという意味があるからなんだそうです。
 なんか、納得してしまいました。

白黒の世界

 年賀状の投函も終わり、年末年始に読む本を借りに県立図書館に早朝、行ってきました。
 開館の9時前、隣接する北代緑地公園の雪景色があまりにも美しかったので、新設を踏みしめて園内を歩いてきました。
 そこは白と黒だけの世界、凛として心が洗われるようでした。
 

f0162955_11292437.jpg

 
f0162955_11294448.jpg

 
f0162955_1130275.jpg

 
f0162955_11302785.jpg


 

いまごろ紅葉真っ盛りです

f0162955_1915358.jpg

 例年11月末に紅葉する寄せ植えのモミジですが、今年はどうしたことか今頃になって紅葉が真っ盛り状態です。
 しかも、これまでになくいい色しています。
 呉羽山の尾根道に芽生えたモミジの苗を採ってきて、寄せ植えにし5年でようやく見れるようになりました。
 

,