人気ブログランキング |

カテゴリ:Nexus 7( 16 )

「Nexus7」、「ナビ」アイコン無なくなった!

 久しぶりにドライブ中にネクサス7の「ナビ」を利用しようとしたが、いつもの位置に青色の矢印の形をしたアイコンが見当たらない。

 アプリ一覧をスクロールしても見つからない!
 アンインストールした覚えもないのに・・・・・・
 いつの間になくなったんだろう!

 最近、あまり使用していないアプリを削除したが、その時誤って削除したのだろうか?
 仕方ないので新規にナビアプリをインストールしようと「プレイストア」で検索する。
 何と60種類以上ものナビアプリが続々表示された。

 グーグルナビを見つけたが形が少し違うようだ。

 ネットで、ナビアイコンがなくなった件で検索してみると、グーグルマップのバージョンアップの際、ナビアプリも同時に変更になったらしい。

 改めて「ナビ」アプリを起動しなくてもグーグルマップからナビが連動して動作するようになったようだ。

 グーグルマップからは次の手順で、道案内してくれます。
    1.グーグルマップを起動
    2.目的地を入力
    3.経路が表示されたら、◯時間×分のところをタップ
    4.「ナビ開始」ボタンをタップ

 以上の操作でナビが開始されました。
 地図と音声で目的地までルートを案内してくれま~す。

 知らなかったのは自分だけか~。

13秒ルール

 ネクサス7を購入して8ケ月、これまでトラブルもなく順調に使ってきたが、その日は突然やってきました。
昨日、「エバーノート」で新規ノートの作成中、突然、ディスプレイが真っ暗になってしまった。
エェッ!バッテリー容量はまだ十分残っていたはずなのにぃ!

 電源ボタンを押しても知らん顔。ディスプレイには困惑した自分の顔が写っているだけ。

 ここは落ち着いて、念のためバッテリーの充電を試みて再度、起動してみたが全く動く気配は感じられない。
     壊れた!
 「Google Play」に直接注文し、シンガポールから配送されたのでトラブル照会はどこに電話したらいいのだろう?
 色んなことを考えながら、ネットでトラブル内容を検索してまいた。

 何と。同じようなトラブルが多いらしく、いろいろ対処方法が投稿されている。
 その中に標記の「13秒ルール」が記載されていた。
 電源ボタンを13秒以上長押しすると復帰するとのこと。強制再起動の操作のようだ。
 
 早速、試してみると「Google」ロゴが表示された後、どこにトラブルがあったの?って感じ。
     よかった~!
 パソコンがフリーズしたときなどの再起動と同じようなものなのでしょうか。
 結局、トラブル原因は分からずに復旧する。

 この操作でダメなら次の対策もあるようだ。
 電源ボタン、ボリュームアップボタン、ボリュームダウンボタンを長押し(画面が表示されるまで)
 こちらも強制再起動の操作ですが、いつもと違う画面が表示されます。
 真っ暗な背景にドロイド君。
 ボリュームボタンで起動メニューを選択後、電源ボタンで決定。
 この画面が表示されたなら「Start」を選択すれば起動すると思われます。
 参考まで!

 

手書き日本語入力アプリを試す

今回は、手書き日本語入力アプリを試してみました。

Nexus7には、フリック入力、ケータイ入力、キーボード入力と、いろんな入力方式が用意されていますが、自分はいまいち、指タッチが苦手で誤入力となってしまうことが多く、手書き入力ができるアプリを探していました。
口コミで「7notes with mazec」が変換精度が優れていると知り、「Play ストア」でとりあえず体験版をインストールし試してみることにしました。
ちなみに、有料版は980円です。
 

f0162955_9575492.jpg

自分の下手な「手書き入力」が、ちゃんと認識してくれるのか?不安がありましたが、本アプリは評判通り高い精度で文字を認識してくれました。

『7notes with mazec』の特長は次のように記載されています。
  (1)驚くほどの変換スピードと精度
  (2)漢字・ひらがな交じりでも正しく交ぜ書き変換
  (3)普段お使いのアプリケーションで手書き文字認識入力が可能に
  (日本語IMEとしてご利用できます)
  (4)まずは手書きで、必要に応じて「後から変換」
  (5)手書き文字とテキスト文字の混在
  (6)作成した文書は、メールやTwitter、Facebookに簡単ポスト、Evernoteとも連携(New)
  (7)マッシュルーム対応

使用方法は以下のとおりです。
『7notes with mazec』をインストール後、起動し、画面の案内に沿って「mazec手書き変換」を使える状態にします。
オンラインマニュアルは以下でご覧ください。
http://product.metamoji.com/android_top/support/


早速、指で書いてみました。
下段パネルで手書きで書いた文字を変換して、上に文章が出てきます。
 
f0162955_958249.jpg

手書きした文字がそのまま文書にすることもできますし、手書きの文字とテキスト化した文字を混ぜたメモを作成でき、フォントに簡単な編集もできました。
 
f0162955_1004582.jpg

ひらかなと漢字交じりでも変換できました。(と山→富山)
f0162955_1021977.jpg

顔文字と書くといろんな顔文字も表示されます。
 
f0162955_1041192.jpg


変換に関しての感想ですが、文字のパーツ(部首)が離れ過ぎると2文字に認識されたり、反対に2つの文字が近過ぎると1文字に認識されてしまうことがあります。
このような誤認識があっても簡単に直せるので心配は無用です。
また、書いたメモは、そのままフェイスブックなどに投稿もできるのでいいですね。

今回は指を使った手書きを試みましたが、ちょっと長めの文章を書くならスタイラスペンがいいでしょうね。
その他、入力方法の切り替えにより、もちろんキーボードを使う事もできました。

Nexus7 のカーナビ機能

 Nexus 7を購入した目的の一つ カーナビ機能(標準装備されているGoogleマップナビ)を試してみました。
昨日、加越能鉄道・加越線の廃線跡ウオーキングに行く際に試みました。
あらかじめ、自宅の無線LANに接続した状態で、約30km離れた福野駅を目的地に設定する。
ルートは最初に示された高速道路使用経路とは別の、一般道路を通る経路に変更しました。
普通のカーナビのように経路を選択することができます。

f0162955_8505176.jpg


設定した後、早速、オフライン状態で車をスタートしました。
直ぐ音声によるガイドが始まりました。それも、かなり正確なガイドです。
途中、あえてコースを外れてみましたが走行中の現在地も表示され、全く問題なく目的地の福野駅に行くことができました。
GPSは、かなり正確なようです。
f0162955_8515546.jpg


ウオーキング中、津沢地内で「さくら祭り」に寄るため、予定のコースを外れたのでコースに戻る最短ルートを探すため、ここでもオフラインでマップを表示し、予定のコースに戻ることができました。
素晴らしいですね。
f0162955_853199.jpg


 しかし、あらかじめネットでの情報で分かっていたことなのですが、オフラインでは、新たな目的地の設定や別経路への変更ができないのです。当然ですけどね。
目的地へのコース設定はネット接続中のみで行うのが必須ですね。

さらにもう一つ、意外な問題がありました。
津沢地内ではオフラインでもマップ上に現在地が表示され、地図の拡大縮小ができたのですが、次回のウオーキングコースの下見中、井波地内でGPSの反応が悪く、マップのズーム、拡大表示ができないトラブルがありました。
さらに、庄川水記念公園付近でも同じような現象があり、詳細な地図情報を得ることができませんでした。
なんでだろう。
ただし、帰り道は自宅への経路の設定表示はできませんが、地図上に自分の位置は表示してくれ、帰るルートを選んで帰ることができました。
場所によってGPS機能が上手く作動しないのでしょうか?

その他、感じたことと言えば、ナビを使うとバッテリーの消耗が速いような気がします。

これからも引き続き、ウオーキングやドライブのお供にリュックに入れ、検証していくつもりです。

スクリーンショットはタイミングが難しい

 Nexus7で、画面をキャプチャして保存(スクリーンショット)したい場合があります。
 パソコンでは「Fn」キーを押しながら「Prt Sc」キーを押せば簡単に保存できますが、 Android端末は機種によってキャプチャーの方法がマチマチとか。

 今回は、Nexus7でキャプチャーする方法を紹介します。
 それが、操作は単純なのですが、意外に難しんです。
 マニュアルには、本体右側面にある「電源」と「音量−(マイナス)」の両ボタンを同時に押して数秒待つと効果音とともにキャプチャが完了します。・・・・となっていますが。
 

f0162955_921166.jpg


 しかし、どちらのボタンを先に押してもキャプチャーはできません。
 タイミングが難しいですね。
 キャプチャ時に注意が必要なのは、両ボタンを「1,2,3」で同時に押し込むのがポイントのようです。

 この画面をキャプチャーしてみます。
 
f0162955_943989.jpg

 キャプチャーが上手くいくと効果音とともに画面に画像が表示され、「ギャラリー」内の「スクリーンショット」の中にキャプチャした画像がPNG形式で保存されます。
 
f0162955_95489.jpg


 iPhoneのように、どちらかのボタンを押してから、もう一つのボタンを押してキャプチャーできるように改良してほしいものです。

Google Play ブックスで電子書籍を読む

 今回は「Google Play」で「青空文庫」の中から、国木田独歩の「武蔵野」をインストールし、読んでみました。
 電子書籍を読むにはホーム画面の「Playブックス」ボタンをタップして起動します。
 

f0162955_17441140.jpg

 アプリが起動すると、インストール済みの電子書籍が表示されるので、読みたい書籍をタップします。

 「武蔵野」が画面いっぱいに表示され、文庫本を手にしているようです。
 
f0162955_17455989.jpg

 早速ページをめくってみました(フリック)が文字が小さくて読みにくい!
 
f0162955_17463540.jpg

 2本の指でピンチアウトして文字を拡大してみました。
 読みやすくなったけどページ全体が表示されないのでスライドさせなければならない。不便だ!と思ったらツールバーにフォントサイズを変更するボタンがあるんです。
 (画面の何もないところでタップするとツールバーが表示される)

 「Aa」ボタンをタップすると、フォントサイズが標準の100から113 125 135 150~と大きく設定できる。
 
f0162955_17473627.jpg

 しかもページ全体が表示され(フォントが大きくなった分、ページ数が増える)読みやすい。
 自分は125 がちょうどいい感じで読めた。

 フォント以外にも行間を変えたり、暗い場所でも読みやすくするため、「明るさ」や「背景色」の変更もできる。また、「しおり」を挟んだり、現在読んでいるページの表示もでき、至れり尽くせりだ。
 背景色を黒くすると、文字は白抜きになりました。
 
f0162955_17485544.jpg


 しばらくは「青空文庫」で晴耕雨読が楽しめそうだ。

USBメモリーと接続

 今回は、Nexus7に外部メモリーを接続してみました。
 Nexus7 が、USBメモリーやHDDに接続できると知り、先日、そのためのアプリや接続機器を発注したところ、今日、配達されました。

 Nexus 7は、標準ではUSB接続しても利用することはできませんが、Google Playストアで有料提供されている「Nexus Media Importer」というアプリを利用することで、USBメモリーのファイルを閲覧したり、ファイルをNexus 7側にコピーすることができます。
 アプリはGoogle Playストアで377円で購入できます。
 アプリはroot権限なしで利用できるので、Nexus 7をroot化する必要はないそうです。
 

f0162955_8513156.jpg

            「Nexus Media Importer」をインストールしたところ   
 
また、アプリを利用するには別途micro USBホストアダプタが必要です(SDカードを挿す場合はUSB化する変換アダプタ等も必要になります)。
 アマゾンで、ELECOM社の「変換アダプター付きメモリーカードリーダ」を733円で購入しました。
 
f0162955_849141.jpg

 
f0162955_8505796.jpg

 早速、USBメモリをを接続し、Nexus 7のmicroUSB端子に接続すると、インストールした「Nexus Media Importer」が反応して、アプリを起動するかどうかを確認するメッセージが表示されました。
 
f0162955_8495253.jpg

 「OK」をタップするとアプリが起動し、USBメモリーに保存されているフォルダやファイルが閲覧することができました。
 
f0162955_8525149.jpg

                 SDカードの写真も取り込めます
 これでUSBメモリーなどから写真や動画、そして音楽などを見たり聞いたりできるようになりました。
 これができるんだったら、特に32MタイプのNexus7を買わずに済んだのに・・・・

ネットの画像を保存する

 インターネットを閲覧中、お気に入りの写真(画像)を保存しておきたいことがあります。
 パソコンの場合は右クリックで「名前を付けて画像を保存」をクリックしますが、Nexus7 の場合はどのように保存するのでしょう。

 今回は、HPとかで気に入った画像の保存を試してみたので紹介します。
 Yahoo で桜情報を検索していた時の写真を保存してみます。

  ① 気に入った写真(桜)を長押しします。
 

f0162955_7241657.jpg

  ② 新しいメニューが表示されるので、「画像を保存」をタップします。
 
f0162955_7244223.jpg


 これで保存されました。
  ③ nexus7の画像は「ギャラリー」に保存されるので、ギャラリーを開きます。
 
f0162955_7252377.jpg

 保存した画像はギャラリーのダウンロード・フォルダに保存されています。

 これでいつでもお気に入りの画像(写真)を見る事が出来ます。

ピカサと同期した写真をフェイスブックに投稿

 前回は「ピカサ」の写真を同期し、Nexus7で閲覧する方法を紹介しましたが、今回は、その写真をフェイスブックに投稿を試みました。

 「ピカサ」の写真を同期すると、Nexus7 のギャラリーに表示されるので、その中から1枚を選択しフェイスブックに投稿してみた。
  ① 写真を選択し、画面上にあるフェイスブックアイコン「f」をタップする。
    

f0162955_12455172.jpg

     しかし、近況を入力する画面に切り替わるが、写真は表示されない。
    何度も試みるが、写真の投稿はできなかった。
    なんでだろう!Nexus7 で撮影した写真は問題なく投稿できたのに・・・・・

 もしかして、ピカサと同期した写真はWeb上にあり、Nexus7 で保存されてない実態のない写真なのでアップできないのではないかと思いつき、つぎの方法で試してみる。

 選んだ写真を一旦、「Evernote」 に保存し、改めて「Evenote」 からその写真をフェイスブックに投稿する方法。
 ① 写真を選択し、共有アイコンをタップ
 ② 「Evernote」をタップ
 
f0162955_13411223.jpg

 ③ 「Evernote」に保存される
  
f0162955_13422065.jpg

 ④ 共有アイコンをタップ
  
f0162955_13431596.jpg

 ⑤ 「フェイスブック」をタップ
 
f0162955_13451210.jpg

  これでフェイスブックに投稿できました!

 でもちょっと面倒ですね。なので、あえてNexus7 から投稿するよりも、写真を保存しているパソコンから投稿した方がいいですね。
 まあ、いろいろ試していることで、各々の機能が確かめることができるので勉強になります。

ピカサの写真を同期してNexus7 で見る

 今回は、パソコンに保存している写真をNexus7 で見えるように設定してみた。
先ず、ピカサを起動し、Nexus7 で見たい写真(フォルダ)を選び、画面、右上の「ウエブに同期」ボタンをクリックします。
 

f0162955_20230100.jpg


 次のような確認画面が出てきますので、左下にある「再確認しない」にチェックを入れて、「同期」をクリックします。これで次回以降は一発で同期します。
 
f0162955_20232819.jpg


 同期が完了すると下記のように場面が変わります。
 
f0162955_20234629.jpg


 Nexus7 はすでにGoogle アカウントで設定済みなので、「ギャラリー」アプリを開けば、自動的に同期された写真が表示されます。
 
f0162955_2024163.jpg

写真を選べばフェイスブックに投稿もできます。

,