人気ブログランキング |

拾四里五拾七間五尺 ?

 この数字は先日、ウオーキングした際に見つけた越中境の一里塚に表示されていた富山市西町までの距離です。
 5尺という小さい単位まで書いてあるのには驚きでした。
 

f0162955_7391972.jpg


 14里57間5尺とは、どれだけの距離なのか検討がつかないので換算してみました。

    一里=3.93km  一町=109m  一間=1.8m  一尺=30cmとすると

 14里57町5尺=57452m(57.45km)となります。

 実際に地図上で西町までの距離を図って見ました。
      ・直線距離では 53km
      ・国道8号線経由では 60km
 詳しい当時の北陸道は知りませんが、57.45kmという数字は8号線に近い街道があったのものと推察されます。

 では、当時誰が測量したんでしょうか。
 地元射水市には江戸時代、伊能忠敬に同行した石黒伸由という立派な測量家がいましたが、彼が測量に一役買ってたのでしょうか。

 旧北陸道のルートも含めて、益々、興味が沸いてきました。

<< もうすぐ繋がる! , 富山湾編ウオーキング始まる >>