Google版Twitter?

 グーグルが「Googleバズ」を公開

 米グーグルは2月9日(米国時間)、「Gmail」と連携するコミュニケーションサービス「Googleバズ」を開始しました。

f0162955_9525464.jpg

 Googleバズの基本機能は「Twitter」にとても近いと思います。
自分がが体験したこと、感じたことなどをコメントとして投稿すると、リアルタイムで公開される。
コメントを読んだユーザーが返信を書き込むことも可能です。

 各コメントは「バズ」と呼ばれる。Twitterの「つぶやき」との違いは、文字数制限がないこと。
また、「Picasaフォトアルバム」に保存している画像や「YouTube」の動画などのURLをバズとして投稿することで、バズ内に画像や動画を貼り付けられたり、自分がフォローしていないユーザーのバズの中から、返信が多く付いているものを「おすすめ」として表示したりできる。

 Twitterや「Flicker」などと連携し、これらのサイトの更新情報をGoogleバズの画面上で確認する機能も搭載した。

 現在、Googleバズが使えるのはGmailユーザーの一部で、今後、2~3日で全ユーザーが利用できるようにするという。
 Googleバズが使えるようになると、Gmailの「受信トレイ」の下に「バズ」タブが追加される。・・・・・・・もう追加されていました。

 現時点のGoogleバズは、Gmailでメールを送受信しているユーザーやユーザー名を知っているユーザーなど、既に交流がある相手とのコミュニケーションが中心で、Twitterのように、見ず知らずのユーザー同士がつながる機能は今のところないようです。

 新規の登録する必要がないので早速、初コメントを送信しました。
ツイッターがこれだけ普及拡大しているなかで、果たしてグーグルの巻き返しなるか、今後注目です。

<< サザエさんっちの間取り , 買った無人島、何に使うの? >>