人気ブログランキング |

買った無人島、何に使うの?

 地元や千葉などから18人が参加して行われた瀬戸内海に浮かぶ国有無人島の一般競争入札で、1億1万円で落札したもようとか。

 落札された無人島は、呉市の沖合1キロに二つ並んで浮かぶ「三ツ子島」のうち、北側の広さ約7600平方メートルの島。
 戦前は海軍病院の施設があったが、現在は樹木と雑草に覆われ、接岸施設や家屋の建設は難しいという。

 

f0162955_20344984.jpg


 この無人島の周辺は、好漁場として知られ、江田島などが一望できる場所だそうですが、
戦前に旧海軍の艦艇の消毒施設があったため消毒液による土壌汚染の可能性があり、また水道や電気が通っていないなどの難点がある条件の悪い島にも関わらず、入札者のなかでダントツの高額で落札。

 計算してみると、1平方メートル当たり1万3千円余り。坪換算すると4万3千円ぐらいです。

 他人事ながら何に使うのだろうかと率直に思ってしまう。

 落札したのは法人とのことですが、ただ単に島持ちになりたかったとは思えないし、我々には考えもつかないようなアイディアがあってのことなのでしょうかね。

 瀬戸内海には約3000ぐらいの島があるそうですが、まだまだ、無人島がたくさんあるそうですよ。
 この落札金額に気を良くして、国も次々に売り出しにでるのではないでしょうか。
 税収が落ち込んでるなか、埋蔵金に変わる財源になるかも・・・・?

           チョット、気になるニュースでした。

<< Google版Twitter? , 「なう――」Twitterで流行? >>