人気ブログランキング |

砂漠化の解決策はあるのか

 「黄砂と環境問題」について考える 5
「黄砂と環境問題について考える」の最終回は、その問題点と今後の課題についてです。

「黄砂」により各国で色んな被害が出ておリ、問題点が多いんですが、「黄砂」の主原因とされる「砂漠化」の方が、より問題点が多く、早急に対策を立てる必要があると思われます。

「砂漠化」について再度確認すると、
「砂漠化」の原因は、自然的要因が13%で、人為的な要因が87%と言われています。

自然的要因
   ①地球規模での生じている気候変動による土地の乾燥化
人為的要因
   ①遊牧民の定住化や、ヤギやヒツジなど、家畜の過剰飼育と
   ②燃料用の薪や住居用の木材を過剰に伐採
   ③農業開発のために過度に原野を開墾する
   ④不適切な水管理により、土壌面に塩類が集積し農地の放棄

 これらの人為的要因を取り除くことが急務であるが、下記のような関係各国で大きな認識の違いや主張の対立があり、対策が遅れているという。
   ・地球温暖化による降水量減少が原因で、先進国を中心とした世界全体に責任がある。
   ・農業や治水面での不作為が原因で、現地の住民や政府・行政に責任がある。
   ・発生地ではない日韓も、黄砂に付着する大気汚染物質の発生源である自国企業関連の工場や、砂漠化につながる木材・農産品・畜産品の輸入などを通しても関わっており責任がある。

今後の課題としては
   ①地表の水分量や植生の状態、作物の種類や分布、家畜の分布、地下水の取水状況などの継続した調査
   ②観測機器の整備、観測データの常時共有化
   ③黄砂の定義や分類の統一、黄砂の予測技術の改良、対策の評価

 その他、砂漠化を防ぐため、方形に植林が行われていますが、この植林をどこにど の程度植えればよいかの適正配置も課題となっています。

 新聞に載っていた「黄砂」の記事から、これまで、いろいろと思いつくまま調べたり考えてきましたが、色んなことが見えて聞きました。
 「黄砂」には「砂漠化」という大きな要因があり、中でも人為的要因がさらに砂漠化を促進している実態がわかりました。

 しかし、そこには、より豊かな生活を求めて遊牧から安定した定住化や、農地を広げて農作物の収穫を増やすなど、そこに住む人間の生活や活動が関係しており、早急な解決策は見いだせないのではないか、というのが率直な感想です。
 最後まで呼んでいただいてありがとうございました。

<< アース・ソング , 黄砂のメリット・デメリット >>