人気ブログランキング |

黄砂のメリット・デメリット

 「黄砂と環境問題」について考える 4

 今回は、「黄砂」のメリット・デメリットについてです。
黄砂現象が起きると、自分はポンコツの車しか持っていませんが、やっぱりボンネットやウインドウに積もった砂塵で汚れるのが嫌ですね。
当然、かみさんは洗濯物の汚れを心配します。

 以下、メリット・デメリットをまとめました。
 まずは、デメリットから
1.車、洗濯物や建物などに汚れの被害
2.人体に眼科や呼吸器疾患など健康被害
3.農作物得の被害
  日本では目立った被害はないようですが、中国や韓国では被害額が7000億円とも言われています。
4.視界不良による航空機の欠航や交通マヒの発生
5.黄砂が運んでくる中国などの工場から排出される硫黄酸化物などで光化学スモックの発生
6.その他、モンゴルでは施設や路線の埋没、樹木の倒壊もあるそうです。

 しかし、ちゃんとメリットもあるのですよ。
1.黄砂には中国の肥沃な大地に含まれる、りんやカルシュウム、鉄などの無機養分が付着しておリ、海に落ちると植物プランクトンが増え、魚がよく育つ。
2.酸性雨の中和
  酸性雨に含まれる炭酸カルシュウムがアルカリ性のため。
3.地球温暖化の緩和作用
  太陽光を遮断する割合が炭酸ガスよりはるかに大きく、大気で光を遮ることにより地上に届く光が弱まり、地球が暖められにくくなる。
 
 「黄砂」も、いろんな側面から見てみると悪者にも良いところがあることがわかります。
 黄砂に限らず、物事について判断するときは、視点を変えて見てみることも大切なんですね。

 

<< 砂漠化の解決策はあるのか , 草原が砂漠化 >>